Skip to content

オリゴ糖という言葉の意味や効果について

オリゴ糖は、最近は、いろいろな食品に配合されていたり、特定保健食品やサプリメントに使われていたりしますが、広い意味で言うと、オリゴ糖というのは、炭水化物のうち少糖類全般のことを示す言葉としても使われているようです。

炭水化物は、その大きさから、それ以上小さくできないブドウ糖のような単糖類、数十個から数千個つながっているでんぷんのような多糖類、そしてその中間になる単糖類が2~10個程度つながっているものを少糖類に分類されるそうです。

この分類で言うと、従来から慣れ親しんでいる砂糖なども少糖類に入ってくるそうですから、砂糖もオリゴ糖の一種ということになるようですが、特定保健食品やサプリメントに使われているオリゴ糖は、その中で体に良い効果をもたらしてくれる種類のことを示す場合が多いようです。

このような種類のものもひとつではなく、作り方や作るのに使われる原料によっていろいろな種類のものがあり、それがもたらす効果も多少は違うところがあるようです。

特定保健用食品やサプリメントに使用されて、体に良い効果をもたらすとして使用されるオリゴ糖は、胃や小腸では消化されずに、大腸までそのままも形で到達する難消化性の種類のものだそうです。

これらには大腸の働きを整える整腸作用があるそうですし、そのおかげで、便秘に悩んでいる人にとっては、それを改善する効果や、美容に関心のある方にとっては美肌効果など、非常に良い効果をもたらしてくれるようです。

他にも動脈硬化を予防する効果や健康な体を維持するのに重要な成分であるミネラル分の吸収を助ける効果などもあるそうですから、あらゆる面で健康な体を維持するのに役立つ効果があるようです。

オリゴ糖はニンニクやゴボウというような食材や、味噌・醤油というような調味料などにも含まれているようですから、そのようなものを意識して摂取しても良いですし、特定保健用食品やサプリメントなどを利用しても良いと思います。

オリゴ糖についてのいろいろな情報は、こちらのサイトがわかりやすく解説してくれているようです。

オリゴ糖の効能について知るならココ

Categories: .